お金を預金する方法は、普通預金、貯蓄預金、定期預金などがあります。どの方法を選択するか、考える必要があります。

お金を預金することについて
お金を預金することについて

お金を預ける預金の種類と選択の仕方

自宅でお金を保管していると、紛失や盗難の恐れがあります。

しかし、銀行などにお金を預けておくとその心配がありません。お金は、銀行や信用金庫、労働金庫などに預金をするのが一般的です。
預金は預けておくだけで利息がつき、お金が増えていきます。
その増え方は預金の種類で異なります。

一般的なのは普通預金です。
ATMを使って、キャッシュカードや通帳で自由にお金を出し入れすることができます。
流動性があるため、利率は低く設定されています。
給料や年金、各種公共料金の支払いなど、決済口座としての役割も大きい口座です。
貯蓄預金は、残高に基準額を設定し、最終残高が基準額に達したときに普通預金よりも高い利率が適用される預金です。
普通預金と同じく、出し入れは自由です。
給料や年金の受け取りに指定できないことが、普通預金との違いです。
定期預金は、満期日、据置期間を設定し、満期日までまたは据置期間中の払い戻しをしない条件で、一定の金額を預け入れる預金です。
期間に応じて普通預金よりも高い利率がつけられます。

しかし、出し入れは自由ではありません。

お金は自分でしっかり管理していないと、すぐに底をついてしまうものです。
どういった預金が自分に合っているのか、ライフプランと相談しながら見通しを持って預けることが大切です。
また様々な預金方法を組み合わせて利用して工夫すると、少しでも多く利息を貰うことができます。
お金を育てることも大事なことです。

注目のお金に関わる話は、このWEBサイトがイチオシです

Copyright (C)2017お金を預金することについて.All rights reserved.