昔のように銀行預金に高い金利がつく事は、子供がお金というものを深く考えるきっかけになるものです。

お金を預金することについて
お金を預金することについて

銀行預金で自分のお金が増えることの驚きについて

預金と言うのはお金をもっとも安全に運用する方法ですが、リスクがほぼゼロのため利息が少ないのが玉に瑕です。
ただ安全性というのは何物にも代えがたいので、預金でお金を増やそうと考えるのではなくて、あくまで安全にお金を預かってもらうのが銀行預金の役割だと考えるべきでしょう。
また預金の金利が上がると言うのは物価の上昇とセットになることなので、必ずしも喜べることではありません。むしろ現在のように預金をしても預けたお金の総額はほぼ変わらないというのが社会の安定と言う意味ではもっとも理想的な形と言えるのではないでしょうか。こういった状況がいつまで続くのか分かりませんが、現状が続く限り余計なことを考えることなく安心して銀行にお金を預けることが出来るでしょう。

もっとも昔の銀行預金の利息を知っている人にとっては現状の預金金利に寂しさを感じるのも事実でしょう。
特に子供のころに高い金利を経験した世代にとっては、お年玉で数万円を預けると年に数百円の金利がつくことに驚きを感じたものです。
そういった経験がお金に対する感覚を養い、預金そのものの意味を深く考える機会になったことは間違いないでしょう。
そう考えると現在の子供たちは預金につく利息と言うものを実感できないので、社会における銀行の役割とか、お金に対する感覚も乏しいものになりがちです。
これは将来の社会にとってもいいこととは思えないので、出来れば子供の預金については特別な金利を設定して子供が預金の喜びを味わえるようなシステムを作ったほしいものです。

Copyright (C)2017お金を預金することについて.All rights reserved.